新潟市のアパート・マンション・賃貸から建築・リフォーム・分譲住宅 サンホーム株式会社

ホーム > 地盤改良工事と当社責任について

地盤改良工事の当社責任「財界にいがた記事」について

手抜き地盤改良工事の記事
 「財界にいがた」平成25年8月号に、“「当社に責任なし」を決め込むサンホームの手抜き地盤改良工事”の見出しで、地盤保証制度登録の地盤会社が発行した地盤保証書を偽造とする記事が掲載されました。

 記事の建売住宅は、弊社が地盤保証制度に基づいて地盤工事を発注し、和光物産株式会社と地盤会社(グランド・エージェンシー株式会社)が地盤改良工事を行って保証した地盤の上に、弊社が建築したものです。
 地盤会社の施工報告書には、改良杭36本のうち2本に高止まり(分譲前のビル解体後の残存杭で)の記載がありました。
 建売住宅を広告していたところ、設計事務所に勤務される日高様(財界記事の仮名)が広告より30万円値引きで購入されました。

1年9ヶ月後、日高様は杭2本高止まりを手抜きとして地盤の支持力の不足を主張され、地盤保証書に記載された損保ジャパンによる保険は付保されてないとして地盤会社発行の保証書の偽造を主張されました。

平成24年10月、地盤会社は地盤の支持力を証明する確認書を提出し、翌11月に損保ジャパンから保険を付保していることの証明書が発行されて、地盤保証書は偽造でないことは証明されました。
平成25年2月、日高様は納得できないとされ、将来の建替えに敷地の残存杭13本を引抜くとされて工事代200万円を提示されました。
平成25年3月、日高様から回答を求める電話があり、建売住宅は50年から100年以上は使用でき、その後に残存杭を引抜くことは地盤を軟弱にして周囲に影響を及ぼすうえ改良杭の処分も必要として、残存杭を引抜く代金のお支払いはお断りしました。
また、希望されれば弊社は買い戻しさせて頂くこともお伝えしました。 
 
平成25年6月27日、財界にいがたの記者が弊社宛てに電話取材したことから、弊社は地盤支持力と地盤保証書のことは既に証明されていることを説明しました。
弊社の責任を否定したとする記事
 平成25年8月号記事では、「建物工事と基礎工事は別個」、「建物工事は当社が施工したが、基礎工事は当社の施工ではなく、和光物産に分割発注した形になる」、10月号記事では、「建物については責任を負うが、基礎工事についてはあずかり知らない」、などを弊社が主張して自社の責任を否定したとされました。

 弊社は、基礎工事を地盤会社にさせたことも和光物産に発注したこともなく、建物工事は基礎工事を含みますから、弊社は記事の発言をしていません。
 弊社は建物工事を一括発注などせずに20社以上に分割発注しており、日高様の主張を取違えたかは不明ですが、分割発注を理由に責任を否定することは不可思議で、建設業に携わる人の発言とは思えません。


地盤支持力をマジックとする記事
 平成25年10月号記事では、日高様は和光物産にクレーマー呼ばわりされたとして、建築主の立場からとして(実際は日高様は完成している建売住宅の購入者)、地盤会社が証明した地盤支持力を数字のマジックに過ぎないと主張されました。

 しかし、日高様はマジックとの主張を科学的な根拠に基づいて証明するものを地盤会社に提出することはありませんでした。
 (地盤会社は日本建築学会の小規模建築物基礎設計指針に基づいて証明)

その他の弊社の対応
 その他について、弊社は以下のとおり対応しました。

平成24年5月 日高様が、屋上バルコニーに水道業者に設置させた給水栓が冬場に水抜きされずに凍結水漏れし、弊社は業者に連絡しました。
平成24年8月 日高様が、エコポイントを弊社が無断使用したと勘違いされ、弊社は日高様が署名捺印された使用同意書の写しをお届しました。
平成24年8月 日高様が、基礎の工事写真から接合金物の数が足りないと勘違いされ、現場検査に合格して設計図書どおり設置は明白のところ、監理建築士(日高様勤務先の設計事務所の元同僚)が整理した理解できる書類をお届けしました。
平成24年9月 日高様から、階段手摺の口径違い(上下段2本38mm、中段35mm)、手摺留金具のネジ釘の浮き、洗面台裏側巾木、洗面台脇隙間の床シートの捩れ、洗面ドア枠と開口方向、外階段の米粒大5粒の塗料付着、屋上バルコニー入隅の直径4cm程の膨れを指摘され、修理しました。
平成24年9月 日高様が、2階の寝室窓ガラス1枚とトイレ窓ガラス1枚の結露を床下通気ガラリが原因と指摘され、関連性がない旨お伝えしまた。
日高様が、室内木製ドアの上部の面の未塗装を指摘され、弊社は建具職人が作成したドア上下の面を弊社は塗装してないことをお伝えしました。
日高様が、直接連絡するとされ、フローリングメーカーをお教えしました。